「FTSE4Good Index Series」、「FTSE Blossom Japan Index」および「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」に継続選定
~ ESGを基軸とした中長期的な企業価値向上の取り組みが評価 ~

2021年8月25日

  • 代表的なESG指数「FTSE4Good Index Series」および?FTSE Blossom Japan Index?に2年連続で選定
  • 女性活躍推進に優れた日本企業で構成される「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」に3年連続で選定
  • 「古河電工グループ ビジョン2030」達成に向けたESG経営を推進し、SDGs達成へ貢献

古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区大手町2丁目6番4号、代表取締役社長:小林敬一)は、「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index?の構成銘柄に2年連続で選定され、また、「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄に3年連続で選定されました。

背景

当社グループは、2019年より「サステナビリティ推進室」を設置し、「古河電工グループ ビジョン2030」の達成に向けて、ESGを基軸とした中長期的な企業価値向上を目指す経営をOpen, Agile, Innovativeに推進し、SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献に取り組んでいます。

内容

当社はこのたび、ESG(環境?社会?ガバナンス)投資の代表的な株価指数である「FTSE4Good Index Series」および?FTSE Blossom Japan Index?の構成銘柄に2年連続で選定されました。

さらに、女性活躍を推進する性別多様性に優れた日本企業で構成された「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」に3年連続で選定されました。

持続的成長と企業価値向上を目指したESGに関する最近の主な取り組み

E(環境)

気候変動が事業にもたらすリスクおよび機会を経営上の重要課題と認識し、「気候変動」に関する取り組みを加速しています。本年3月には「古河電工グループ 環境ビジョン2050」を策定し、カーボンニュートラルを2050年に達成すべくチャレンジしています。また、気候変動に関するリスクと機会への取り組みが評価され、昨年12月に国際的な環境NGOであるCDPから最高評価である「気候変動Aリスト」企業に初選定されました。

S(社会)

昨年5月に社内横断的な組織「アフターコロナ「働き方改革」チーム」を立ち上げ、新しいワークスタイルの浸透と定着を目指し、各種の施策を進めています。人材?組織の実行力強化においては、リーダーシップ変革に重きを置き、「リーダーとして大事な一つの心構えと6つの行動原則」を明示した「フルカワセブン」を日々実践しています。本年7月の新本社への移転により、従業員一人ひとりが「新しい働き方」を実現し、快適なワークプレイスでの対話や多様な人々とのコラボレーションとチーム力の向上を通じて、より高い価値創出に挑戦し続けます。

G(ガバナンス)

本年2月に、RBA(レスポンシブル?ビジネス?アライアンス)行動規範7.0等を参考に、サプライチェーンを含む脱炭素化の動きや労働者の人権に関する取り組みなどについて「古河電工グループCSR調達ガイドライン」を第3版に改訂しました。

「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」について

「FTSE4Good Index Series」は、英ロンドン証券取引所グループの一企業であるFTSE Russellが定める国際的な株価指数で、ESGについて優れた取り組みを行う企業が選定されます。また、「FTSE Blossom Japan Index」は、同じくFTSE Russellが開発した、ESGについて優れた取り組みを行う日本企業のパフォーマンスを反映する指数で、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資を行うための採用指数のひとつです。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)について

MSCI社による、性別多様性に優れた日本企業を対象に構成されたS(社会)に着目したESG指数であり、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資を行うための採用指数のひとつです。

(注) 古河電気工業株式会社のMSCI指数への組入れ、および本リリースにおけるMSCIのロゴ、商標、サービスマークまたは指数名称の使用は、MSCIまたはその関係会社による古河電気工業株式会社への後援、保証、販促には該当しません。MSCI指数はMSCIの独占的財産です。MSCI指数の名称およびロゴはMSCIまたはその関係会社の商標またはサービスマークです。

古河電工ホームページ 「サステナビリティ」ページ

古河電工グループのSDGsへの取り組み

当社グループは、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を念頭に置き、2030年をターゲットとした「古河電工グループ ビジョン2030」を策定して、「地球環境を守り、安全?安心?快適な生活を実現するため、情報/エネルギー/モビリティが融合した社会基盤を創る。」に向けた取り組みを進めています。ビジョン2030の達成に向けて、中長期的な企業価値向上を目指すESG経営をOpen,Agile,Innovativeに推進し、SDGsの達成に貢献します。

ニュースリリースに記載されている情報は、発表日現在のものです。仕様、価格、サービス内容などの情報は予告無しに変更される場合があります。あらかじめご了承ください。

関連リンク